Fork to maintain patches against the official gitea for https://code.ceondo.com https://github.com/go-gitea/gitea

locale_ja-JP.ini 64KB

12345678910111213141516171819202122232425262728293031323334353637383940414243444546474849505152535455565758596061626364656667686970717273747576777879808182838485868788899091929394959697989910010110210310410510610710810911011111211311411511611711811912012112212312412512612712812913013113213313413513613713813914014114214314414514614714814915015115215315415515615715815916016116216316416516616716816917017117217317417517617717817918018118218318418518618718818919019119219319419519619719819920020120220320420520620720820921021121221321421521621721821922022122222322422522622722822923023123223323423523623723823924024124224324424524624724824925025125225325425525625725825926026126226326426526626726826927027127227327427527627727827928028128228328428528628728828929029129229329429529629729829930030130230330430530630730830931031131231331431531631731831932032132232332432532632732832933033133233333433533633733833934034134234334434534634734834935035135235335435535635735835936036136236336436536636736836937037137237337437537637737837938038138238338438538638738838939039139239339439539639739839940040140240340440540640740840941041141241341441541641741841942042142242342442542642742842943043143243343443543643743843944044144244344444544644744844945045145245345445545645745845946046146246346446546646746846947047147247347447547647747847948048148248348448548648748848949049149249349449549649749849950050150250350450550650750850951051151251351451551651751851952052152252352452552652752852953053153253353453553653753853954054154254354454554654754854955055155255355455555655755855956056156256356456556656756856957057157257357457557657757857958058158258358458558658758858959059159259359459559659759859960060160260360460560660760860961061161261361461561661761861962062162262362462562662762862963063163263363463563663763863964064164264364464564664764864965065165265365465565665765865966066166266366466566666766866967067167267367467567667767867968068168268368468568668768868969069169269369469569669769869970070170270370470570670770870971071171271371471571671771871972072172272372472572672772872973073173273373473573673773873974074174274374474574674774874975075175275375475575675775875976076176276376476576676776876977077177277377477577677777877978078178278378478578678778878979079179279379479579679779879980080180280380480580680780880981081181281381481581681781881982082182282382482582682782882983083183283383483583683783883984084184284384484584684784884985085185285385485585685785885986086186286386486586686786886987087187287387487587687787887988088188288388488588688788888989089189289389489589689789889990090190290390490590690790890991091191291391491591691791891992092192292392492592692792892993093193293393493593693793893994094194294394494594694794894995095195295395495595695795895996096196296396496596696796896997097197297397497597697797897998098198298398498598698798898999099199299399499599699799899910001001100210031004100510061007100810091010101110121013101410151016101710181019102010211022102310241025102610271028102910301031103210331034103510361037103810391040104110421043104410451046104710481049105010511052105310541055105610571058105910601061106210631064106510661067106810691070107110721073107410751076107710781079108010811082108310841085108610871088108910901091109210931094109510961097109810991100110111021103110411051106110711081109111011111112111311141115111611171118111911201121112211231124112511261127112811291130113111321133113411351136113711381139114011411142114311441145114611471148114911501151115211531154115511561157115811591160116111621163116411651166116711681169117011711172117311741175117611771178117911801181118211831184118511861187118811891190119111921193119411951196119711981199
  1. app_desc=Go言語で実装したセルフホストGitサービス
  2. home=ホーム
  3. dashboard=ダッシュボード
  4. explore=エクスプローラ
  5. help=ヘルプ
  6. sign_in=サインイン
  7. sign_out=サインアウト
  8. sign_up=サインアップ
  9. register=登録
  10. website=WEBサイト
  11. version=バージョン
  12. page=ページ
  13. template=テンプレート
  14. language=言語
  15. create_new=作成...
  16. user_profile_and_more=ユーザープロファイルなど
  17. signed_in_as=サインイン済み
  18. username=ユーザ名
  19. email=E-mail
  20. password=パスワード
  21. re_type=再入力
  22. captcha=CAPTCHA
  23. repository=リポジトリ
  24. organization=組織
  25. mirror=ミラー
  26. new_repo=新しいリポジトリ
  27. new_migrate=新しい移行
  28. new_mirror=新しいミラー
  29. new_fork=新しいフォークのリポジトリ
  30. new_org=新しい組織
  31. manage_org=組織を管理
  32. admin_panel=管理者パネル
  33. account_settings=アカウント設定
  34. settings=設定
  35. your_profile=プロフィール
  36. your_settings=設定
  37. activities=アクティビティ
  38. pull_requests=プルリクエスト
  39. issues=課題
  40. cancel=キャンセル
  41. [install]
  42. install=インストール
  43. title=インストールをする前に必要な準備をしましょう
  44. docker_helper=DockerでGiteaを稼動する場合は、このページに変更を加える前に、 <a target="_blank" rel="noopener" href="%s">ガイドライン</a>をよく読んでください!
  45. requite_db_desc=Gitea は、MySQL、PostgreSQL、SQLite3 または TiDB が必要です。
  46. db_title=データベース設定
  47. db_type=データベースの種類
  48. host=ホスト
  49. user=ユーザ
  50. password=パスワード
  51. db_name=データベース名
  52. db_helper=MySQLではエンジンがINNODB、文字セットがutf8_general_ciである必要があります。
  53. ssl_mode=SSL モード
  54. path=パス
  55. sqlite_helper=SQLite3かTiDBのデータベースのファイルパス。<br>サービスとして開始する際には絶対パスを利用してください。
  56. err_empty_db_path=SQLite3 または TiDB データベースのパスを空にすることはできません。
  57. err_invalid_tidb_name=TiDB データベース名は文字"."と"-"を許可しない。
  58. no_admin_and_disable_registration=管理者アカウントを作成せずに登録を無効にすることはできません。
  59. err_empty_admin_password=管理者パスワードは空白にできません。
  60. general_title=Gitea の全般設定
  61. app_name=アプリケーション名
  62. app_name_helper=素晴らしい組織名を入れてください!
  63. repo_path=リポジトリのルートパス
  64. repo_path_helper=すべての Git リモート リポジトリはこのディレクトリに保存されます。
  65. run_user=実行ユーザ
  66. run_user_helper=ユーザーはリポジトリ ルートパスへのアクセス、及びGitea を実行する権限を所有する必要があります。
  67. domain=ドメイン
  68. domain_helper=これはSSH用クローンURLに影響します。
  69. ssh_port=SSH ポート
  70. ssh_port_helper=SSHサーバーを使用する場合はポート番号を入力してください。 空白にした場合は無効化されます。
  71. http_port=HTTP ポート
  72. http_port_helper=アプリケーションが待ち受けするポート番号。
  73. app_url=アプリケーションの URL
  74. app_url_helper=この設定は、HTTP / HTTPSのクローンURLおよび、一部のメールボックスへのリンクに影響を与えます。
  75. log_root_path=ログのパス
  76. log_root_path_helper=ログファイルを書き込むディレクトリ。
  77. optional_title=オプション設定
  78. email_title=メールサービス設定
  79. smtp_host=SMTP ホスト
  80. smtp_from=差出人
  81. smtp_from_helper=送信者メールアドレス、RFC 5322。フォーマットはメールアドレスのみ、または"Name" <email@example.com>。
  82. mailer_user=送信者の電子メール
  83. mailer_password=送信者のパスワード
  84. register_confirm=登録の確認を有効にする
  85. mail_notify=メール通知を有効にする
  86. server_service_title=サーバーとその他のサービスの設定
  87. offline_mode=オフラインモードを有効にする
  88. offline_mode_popup=プロダクションモードでは、CDNを使用せずにローカルからリソースファイルを使用します。
  89. disable_gravatar=Gravatarのサービスを無効にします
  90. disable_gravatar_popup=Gravatarとカスタムソースを無効にして、全てのアバターをユーザーによってアップロードされたものかデフォルトなものにします。
  91. federated_avatar_lookup=Enable Federated Avatars Lookup
  92. federated_avatar_lookup_popup=Enable federated avatars lookup to use federated open source service based on libravatar.
  93. disable_registration=自己登録を無効にする
  94. disable_registration_popup=自己登録を無効にし、管理者のみがアカウント作成できる
  95. enable_captcha=Captchaを有効にする
  96. enable_captcha_popup=ユーザによる自己登録のため、有効なcaptchaが必要です。
  97. require_sign_in_view=サインインしたユーザのみページ閲覧を許可
  98. require_sign_in_view_popup=サインインしたユーザのみがページを閲覧できます。ビジターはサインインもしくはサインアップページのみ見られます。
  99. admin_setting_desc=今管理者アカウントを作成する必要はありません。ID = 1のユーザ は自動的に管理者の権限を獲得します。
  100. admin_title=管理者アカウントの設定
  101. admin_name=ユーザ名
  102. admin_password=パスワード
  103. confirm_password=パスワード確認
  104. admin_email=管理者の電子メール
  105. install_btn_confirm=Gitea をインストール
  106. test_git_failed='Git' コマンドテストに失敗: %v
  107. sqlite3_not_available=このリリース バージョンは SQLite3 をサポートしていません。gobuild バージョンではない、公式のバイナリ バージョンを %s からダウンロードしてください。
  108. invalid_db_setting=データベースの設定が正しくありません: %v
  109. invalid_repo_path=リポジトリのルート パスが無効です: %v
  110. run_user_not_match=実行ユーザーは、現在のユーザーではない: %s-> %s
  111. save_config_failed=構成の保存に失敗した: %v
  112. invalid_admin_setting=管理者アカウントの設定が無効です: %v
  113. install_success=ようこそ!我々はあなたが Gitea を選んでくれて嬉しいです!楽しみましょう!
  114. invalid_log_root_path=ログのルートパスがむこうです: %v
  115. [home]
  116. uname_holder=ユーザー名またはEメール
  117. password_holder=パスワード
  118. switch_dashboard_context=ダッシュ ボードのコンテキストを切替
  119. my_repos=自分のリポジトリ
  120. show_more_repos=リポジトリをさらに表示…
  121. collaborative_repos=共同リポジトリ
  122. my_orgs=自分の組織
  123. my_mirrors=自分のミラー
  124. view_home=ビュー %s
  125. issues.in_your_repos=あなたのリポジトリ
  126. [explore]
  127. repos=リポジトリ
  128. users=ユーザ
  129. search=検索
  130. [auth]
  131. create_new_account=新規アカウントを作成
  132. register_hepler_msg=既にアカウントをお持ちですか?今すぐログインしましょう!
  133. social_register_hepler_msg=既にアカウントをお持ちですか?連携しましょう!
  134. disable_register_prompt=申し訳ありませんが、現在登録は受け付けておりません。サイトの管理者にお問い合わせください。
  135. disable_register_mail=申し訳ありませんが、登録メールの確認機能が無効になっています。
  136. remember_me=ログインしたままにする
  137. forgot_password=パスワードを忘れた
  138. forget_password=パスワードを忘れましたか?
  139. sign_up_now=アカウントが必要ですか?今すぐ登録しましょう!
  140. confirmation_mail_sent_prompt=新しい確認メールを <b>%s</b> に送りました。登録を完了させるために、%d時間以内にあなたのメールボックスを確認してください。
  141. active_your_account=アカウントを有効化
  142. prohibit_login=ログイン禁止
  143. prohibit_login_desc=あなたのアカウントはログインを禁止されています。サイト管理者にお問い合わせください。
  144. resent_limit_prompt=申し訳ありませんが、アクティベーションメールは頻繁に送信しています。3 分お待ちください。
  145. has_unconfirmed_mail=こんにちは %s さん、あなたの電子メール アドレス (<b>%s</b>) は未確認です。もし確認メールをまだ確認できていないか、改めて再送信する場合は、下のボタンをクリックしてください。
  146. resend_mail=アクティベーションメールを再送信するにはここをクリック
  147. email_not_associate=この電子メール アドレスは、アカウントには関連付けられません。
  148. send_reset_mail=パスワードリセットのメールを再送するにはここをクリック
  149. reset_password=パスワードリセット
  150. invalid_code=申し訳ありませんが、確認用コードが期限切れまたは無効です。
  151. reset_password_helper=パスワードをリセットするにはここをクリック
  152. password_too_short=%d文字未満のパスワードは設定できません。
  153. non_local_account=Non-local accounts cannot change passwords through Gitea.
  154. [mail]
  155. activate_account=あなたのアカウントを有効にしてください。
  156. activate_email=電子メール アドレスを確認します。
  157. reset_password=パスワードをリセットします.
  158. register_success=ようこそ、登録成功
  159. register_notify=ボードへようこそ
  160. [modal]
  161. yes=はい
  162. no=いいえ
  163. modify=変更
  164. [form]
  165. UserName=ユーザ名
  166. RepoName=リポジトリ名
  167. Email=Eメールアドレス
  168. Password=パスワード
  169. Retype=パスワードを再入力
  170. SSHTitle=SSH キーの名前
  171. HttpsUrl=HTTPS URL
  172. PayloadUrl=ペイロードの URL
  173. TeamName=チーム名
  174. AuthName=承認名
  175. AdminEmail=管理者の電子メール
  176. NewBranchName=New branch name
  177. CommitSummary=Commit summary
  178. CommitMessage=Commit message
  179. CommitChoice=Commit choice
  180. TreeName=File path
  181. Content=コンテンツ
  182. require_error=空にできません
  183. alpha_dash_error=アルファベット、数字、ハイフン"-"、アンダースコア"_"のいずれかの必要があります
  184. alpha_dash_dot_error=' アルファベット、数値、ダッシュ(-)、アンダースコア(_) 、ドット(.)のいずれかを入力する必要があります。 '
  185. size_error=`サイズは %s である必要があります`
  186. min_size_error=' 少なくとも %s 文字の必要があります '
  187. max_size_error=' %s 文字以下の必要があります '
  188. email_error=' は有効な電子メール アドレスではない '
  189. url_error=' は有効な URL はありません。 '
  190. include_error=' 文字列 '%s' を含める必要があります。 '
  191. unknown_error=不明なエラー:
  192. captcha_incorrect=Captcha が一致しませんでした。
  193. password_not_match=パスワードと確認用パスワードが一致同していません。
  194. username_been_taken=ユーザー名は既に使用されています。
  195. repo_name_been_taken=リポジトリ名は既に使用されています。
  196. org_name_been_taken=組織名は既に使用されています。
  197. team_name_been_taken=チーム名は既に使用されています。
  198. email_been_used=電子メール アドレスは既に使用されています。
  199. username_password_incorrect=ユーザー名またはパスワードが正しくありません。
  200. enterred_invalid_repo_name=入力したリポジトリの名前が正しいかどうかを確認してください。
  201. enterred_invalid_owner_name=入力された所有者名が正しいかどうかを確認してください。
  202. enterred_invalid_password=入力したパスワードが正しいかを確認してください。
  203. user_not_exist=指定されたユーザーは存在しません。
  204. last_org_owner=削除するユーザーはチームの最後のメンバーです。別の所有者設定が必要です。
  205. invalid_ssh_key=SSHを確認できません:%s
  206. unable_verify_ssh_key=GiteaはあなたのSSH keyを確認できません。しかし、我々は有効とみなしますので、自分自身で確認してください。
  207. auth_failed=認証に失敗しました: %v
  208. still_own_repo=アカウント所有のリポジトリがあり、リポジトリの削除または所有者の移譲が必要です。
  209. still_has_org=アカウントはまだ組織のメンバーであり、組織から退出するか削除する必要があります。
  210. org_still_own_repo=この組織はまだリポジトリの所有しています、リポジトリを削除または転送する必要があります。
  211. target_branch_not_exist=ターゲットブランチが存在しない
  212. [user]
  213. change_avatar=アバターを変更
  214. join_on=参加しました
  215. repositories=リポジトリ
  216. activity=パブリック・アクティビティ
  217. followers=フォロワー
  218. starred=スター
  219. following=フォロー
  220. follow=フォロー
  221. unfollow=フォロー解除
  222. form.name_reserved=ユーザー名 '%s' は予約されています。
  223. form.name_pattern_not_allowed=ユーザ名のパターン '%s' は許可されていません。
  224. [settings]
  225. profile=プロフィール
  226. password=パスワード
  227. avatar=アバター
  228. ssh_keys=SSH キー
  229. social=SNSアカウント
  230. applications=アプリケーション
  231. orgs=組織
  232. delete=アカウントを削除
  233. uid=Uid
  234. public_profile=パブリック プロフィール
  235. profile_desc=あなたのメールアドレスは公開され、任意のアカウント関連の通知に使用されます。また、Webベースの操作はサイトを介して行います。
  236. password_username_disabled=ローカルユーザ以外はユーザ名を変更できません。
  237. full_name=フルネーム
  238. website=WEBサイト
  239. location=ロケーション
  240. update_profile=プロファイル更新
  241. update_profile_success=あなたのプロフィールが更新されました。
  242. change_username=ユーザー名が変更されました
  243. change_username_prompt=この変更はリンクをアカウントに関連付ける方法に影響します。
  244. continue=続行
  245. cancel=キャンセル
  246. lookup_avatar_by_mail=メールからアバターを取得
  247. federated_avatar_lookup=Federated Avatar Lookup
  248. enable_custom_avatar=カスタムのアバターを有効にする
  249. choose_new_avatar=新しいアバターを選択
  250. update_avatar=アバターの設定を更新
  251. delete_current_avatar=現在のアバターを削除
  252. uploaded_avatar_not_a_image=アップロードされたファイルは画像ではない。
  253. update_avatar_success=あなたのアバターの設定が更新されました。
  254. change_password=パスワードを変更
  255. old_password=現在のパスワード
  256. new_password=新しいパスワード
  257. retype_new_password=新しいパスワードを再入力します。
  258. password_incorrect=現在のパスワードが正しくありません。
  259. change_password_success=パスワードが正常に変更されました。今すぐ新しいパスワード経由でサインインすることができます。
  260. password_change_disabled=ローカルユーザ以外はパスワードを変更できません。
  261. emails=E-mail アドレス
  262. manage_emails=E-mail アドレスを管理
  263. email_desc=あなたのプライマリメールアドレスは、通知やその他の操作に使用されます。
  264. primary=プライマリー
  265. primary_email=プライマリに設定
  266. delete_email=削除
  267. email_deletion=電子メールの削除
  268. email_deletion_desc=この電子メール アドレスを削除すると、あなたのアカウントの関連情報も削除されます。続行しますか。
  269. email_deletion_success=電子メールが正常に削除されました。
  270. add_new_email=新しいe-mailアドレスを追加
  271. add_email=電子メールを追加します。
  272. add_email_confirmation_sent='%s' に新しい確認メールを送信しました、次の %d 時間以内に受信トレイを確認し、確認プロセスを完了してください。
  273. add_email_success=新しいe-mail アドレスが追加されました。
  274. manage_ssh_keys=SSH キーを管理
  275. add_key=キーを追加
  276. ssh_desc=これはあなたのアカウントに関連付けられている SSH キーの一覧です。あなたが認識していないキーを削除します。
  277. ssh_helper=<strong>ヘルプが必要ですか?</strong> 我々のガイドをご覧ください。 <a href="%s"> SSH キーを生成</a> <a href="%s"> SSH の一般的な問題</a>
  278. add_new_key=SSH キーを追加
  279. ssh_key_been_used=公開鍵は使用されています。
  280. ssh_key_name_used=同じ名前の公開鍵は既に存在しています。
  281. key_name=キーの名前
  282. key_content=コンテンツ
  283. add_key_success=新しいSSHキー '%s' が正常に追加されました!
  284. delete_key=削除
  285. ssh_key_deletion=SSH キーの削除
  286. ssh_key_deletion_desc=このSSHキーを削除すると、あなたのアカウントに関連するすべてのアクセスが削除されます。続行しますか?
  287. ssh_key_deletion_success=SSH キーは正常に削除されました!
  288. add_on=追加された
  289. last_used=最終使用日
  290. no_activity=最近の活動なし
  291. key_state_desc=この鍵は7日間以内に使われています。
  292. token_state_desc=この鍵は7日間以内に使われています。
  293. manage_social=関連付けられているSNSアカウントを管理
  294. social_desc=これは関連付けられたソーシャルアカウントのリストです。あなたが認識していない結び付けを削除します。
  295. unbind=バインド解除
  296. unbind_success=SNSアカウントがバインドされていない。
  297. manage_access_token=パーソナルアクセス トークンを管理
  298. generate_new_token=新しいトークンを生成
  299. tokens_desc=生成したトークンを利用して Gitea の API にアクセスすることができます。
  300. new_token_desc=今のところ、全てのトークンはあなたのアカウントにフルアクセスできます。
  301. token_name=トークン名
  302. generate_token=トークンを生成
  303. generate_token_succees=新しいアクセス トークンは正常に生成されました !今すぐあなたの新しいアクセス トークンをコピーしておいてください。二度と見ることはできませんので確認してください!
  304. delete_token=削除
  305. access_token_deletion=パーソナルアクセストークンの削除
  306. access_token_deletion_desc=パーソナルアクセストークンを削除すると、関連するアプリケーションのすべてのアクセスが削除されます。続行しますか?
  307. delete_token_success=パーソナルアクセストークンは正常に削除されました!同時にあなたのアプリケーションを更新することを忘れないでください。
  308. delete_account=アカウントを削除
  309. delete_prompt=この操作をするとアカウントが完全に削除され、<strong>二度と元に戻すことができなくなります</strong> !
  310. confirm_delete_account=削除の確認
  311. delete_account_title=アカウントの削除
  312. delete_account_desc=このアカウントは永久に削除しようとしている、継続しますか?
  313. [repo]
  314. owner=オーナー
  315. repo_name=リポジトリ名
  316. repo_name_helper=短くて分かりやすく<strong>重複しない</strong>リポジトリ名を決めてください。
  317. visibility=公開/非公開
  318. visiblity_helper=このリポジトリは<span class="ui red text">プライベート</span>です。
  319. visiblity_helper_forced=サイト管理者は、強制的にすべての新しいリポジトリを<span class="ui red text"> プライベート</span> にしています。
  320. visiblity_fork_helper=(この値の変更はすべてのフォークに適用されます)
  321. clone_helper=クローンに関してお困りであれば<a target="_blank" rel="noopener"href="%s"> ヘルプ</a> を参照しましょう。
  322. fork_repo=リポジトリをフォーク
  323. fork_from=フォーク元
  324. fork_visiblity_helper=フォークされたリポジトリの可視状態は変更できません。
  325. repo_desc=説明
  326. repo_lang=言語
  327. repo_gitignore_helper=Select .gitignore templates
  328. license=ライセンス
  329. license_helper=ライセンス ファイルを選択
  330. readme=Readme
  331. readme_helper=Readme ファイルのテンプレートを選択
  332. auto_init=選択されたファイルおよびテンプレートでリポジトリを初期化
  333. create_repo=リポジトリを作成
  334. default_branch=デフォルトのブランチ
  335. mirror_prune=Prune
  336. mirror_prune_desc=Remove any remote-tracking references that no longer exist on the remote
  337. mirror_interval=ミラー 間隔(時)
  338. mirror_address=ミラー アドレス
  339. mirror_address_desc=Please include necessary user credentials in the address.
  340. mirror_last_synced=最終同期
  341. watchers=ウォッチャー
  342. stargazers=Stargazers
  343. forks=フォーク
  344. form.reach_limit_of_creation=The owner has reached maximum creation limit of %d repositories.
  345. form.name_reserved=リポジトリ名 '%s' は使用されています。
  346. form.name_pattern_not_allowed=リポジトリ名に '%s' は使用できません。
  347. need_auth=認証が必要
  348. migrate_type=マイグレーションの種類
  349. migrate_type_helper=このリポジトリは、<span class="text blue"> ミラー</span> になります
  350. migrate_repo=リポジトリを移行
  351. migrate.clone_address=クローンアドレス
  352. migrate.clone_address_desc=これは、HTTP/HTTPS/GIT URL またはローカル サーバー パスを設定できます。
  353. migrate.permission_denied=ローカル リポジトリをインポートすることはできません。
  354. migrate.invalid_local_path=ローカルパスが無効です。存在しないかディレクトリではありません。
  355. migrate.failed=移行に失敗しました: %v
  356. mirror_from=同期ミラー
  357. forked_from=フォーク元
  358. copy_link=コピー
  359. copy_link_success=コピーされました!
  360. copy_link_error=⌘ C または Ctrl-C キーを押してコピー
  361. copied=コピー成功
  362. unwatch=Unwatch
  363. watch=Watch
  364. unstar=Unstar
  365. star=Star
  366. fork=Fork
  367. no_desc=説明なし
  368. quick_guide=クイック ガイド
  369. clone_this_repo=このリポジトリのクローンを作成
  370. create_new_repo_command=コマンドラインで新しいリポジトリを作成します。
  371. push_exist_repo=コマンド ・ ラインから既存のリポジトリをプッシュ
  372. repo_is_empty=このリポジトリは空です、後で戻って来て下さい!
  373. code=コード
  374. branch=ブランチ
  375. tree=ツリー
  376. filter_branch_and_tag=ブランチまたはタグをフィルタリング
  377. branches=ブランチ
  378. tags=タグ
  379. issues=課題
  380. pulls=プルリクエスト
  381. labels=ラベル
  382. milestones=マイルストーン
  383. commits=コミット
  384. releases=リリース
  385. file_raw=Raw
  386. file_history=履歴
  387. file_view_raw=Rawデータを見る
  388. file_permalink=パーマリンク
  389. file_too_large=このファイルは大きすぎるため、表示できません。
  390. editor.new_file=New file
  391. editor.upload_file=Upload file
  392. editor.edit_file=ファイルを編集
  393. editor.preview_changes=Preview Changes
  394. editor.cannot_edit_non_text_files=Cannot edit non-text files
  395. editor.edit_this_file=このファイルを編集
  396. editor.must_be_on_a_branch=You must be on a branch to make or propose changes to this file
  397. editor.fork_before_edit=You must fork this repository before editing the file
  398. editor.delete_this_file=このファイルを削除
  399. editor.must_have_write_access=You must have write access to make or propose changes to this file
  400. editor.file_delete_success=File '%s' has been deleted successfully!
  401. editor.name_your_file=Name your file...
  402. editor.filename_help=To add directory, just type it and press /. To remove a directory, go to the beginning of the field and press backspace.
  403. editor.or=or
  404. editor.cancel_lower=キャンセル
  405. editor.commit_changes=変更をコミット
  406. editor.add_tmpl=Add '%s/<filename>'
  407. editor.add='%s' を追加
  408. editor.update='%s' を更新
  409. editor.delete='%s' を削除
  410. editor.commit_message_desc=Add an optional extended description...
  411. editor.commit_directly_to_this_branch=Commit directly to the <strong class="branch-name">%s</strong> branch.
  412. editor.create_new_branch=Create a <strong>new branch</strong> for this commit and start a pull request.
  413. editor.new_branch_name_desc=New branch name...
  414. editor.cancel=キャンセル
  415. editor.filename_cannot_be_empty=Filename cannot be empty.
  416. editor.branch_already_exists=Branch '%s' already exists in this repository.
  417. editor.directory_is_a_file=Entry '%s' in the parent path is a file not a directory in this repository.
  418. editor.filename_is_a_directory=The filename '%s' is an existing directory in this repository.
  419. editor.file_editing_no_longer_exists=The file '%s' you are editing no longer exists in the repository.
  420. editor.file_changed_while_editing=File content has been changed since you started editing. <a target="_blank" rel="noopener" href="%s">Click here</a> to see what have been changed or <strong>press commit again</strong> to overwrite those changes.
  421. editor.file_already_exists=A file with name '%s' already exists in this repository.
  422. editor.no_changes_to_show=There are no changes to show.
  423. editor.fail_to_update_file=Failed to update/create file '%s' with error: %v
  424. editor.add_subdir=Add subdirectory...
  425. editor.unable_to_upload_files=Failed to upload files to '%s' with error: %v
  426. editor.upload_files_to_dir=Upload files to '%s'
  427. commits.commits=コミット
  428. commits.search=コミットの検索
  429. commits.find=検索
  430. commits.author=作者
  431. commits.message=メッセージ
  432. commits.date=日付
  433. commits.older=古い
  434. commits.newer=新しい
  435. issues.new=新しい問題
  436. issues.new.labels=ラベル
  437. issues.new.no_label=ラベルなし
  438. issues.new.clear_labels=ラベルをクリア
  439. issues.new.milestone=マイルストーン
  440. issues.new.no_milestone=マイルストーンなし
  441. issues.new.clear_milestone=マイルストーンをクリア
  442. issues.new.open_milestone=オープン中のマイルストーン
  443. issues.new.closed_milestone=クローズされたマイルストーン
  444. issues.new.assignee=担当者
  445. issues.new.clear_assignee=担当者をクリア
  446. issues.new.no_assignee=担当者なし
  447. issues.create=問題を作成
  448. issues.new_label=新しいラベル
  449. issues.new_label_placeholder=ラベル名...
  450. issues.create_label=ラベルを作成
  451. issues.label_templates.title=Load a predefined set of labels
  452. issues.label_templates.info=There aren’t any labels yet. You can click on the "New Label" button above to create one or use a predefined set below.
  453. issues.label_templates.helper=Select a label set
  454. issues.label_templates.use=Use this label set
  455. issues.label_templates.fail_to_load_file=Failed to load label template file '%s': %v
  456. issues.open_tab=%d オープン
  457. issues.close_tab=%d クローズ
  458. issues.filter_label=ラベル
  459. issues.filter_label_no_select=選択したラベルがありません。
  460. issues.filter_milestone=マイルストーン
  461. issues.filter_milestone_no_select=選択されたマイルストーンなし
  462. issues.filter_assignee=アサインされた人
  463. issues.filter_assginee_no_select=選択可能な担当者がいない
  464. issues.filter_type=タイプ
  465. issues.filter_type.all_issues=すべての問題
  466. issues.filter_type.assigned_to_you=担当中のリポジトリ
  467. issues.filter_type.created_by_you=作成したリポジトリ
  468. issues.filter_type.mentioning_you=あなたに伝える
  469. issues.filter_sort=並べ替え
  470. issues.filter_sort.latest=最新
  471. issues.filter_sort.oldest=最も古い
  472. issues.filter_sort.recentupdate=最近更新された
  473. issues.filter_sort.leastupdate=つい最近更新
  474. issues.filter_sort.mostcomment=一番多いコメント
  475. issues.filter_sort.leastcomment=一番少ないコメント
  476. issues.opened_by=opened %[1]s by <a href="%[2]s">%[3]s</a>
  477. issues.opened_by_fake=opened %[1]s by %[2]s
  478. issues.previous=前ページ
  479. issues.next=次ページ
  480. issues.open_title=オープン
  481. issues.closed_title=クローズ
  482. issues.num_comments=%d コメント
  483. issues.commented_at=`commented <a href="#%s">%s</a>`
  484. issues.delete_comment_confirm=Are you sure you want to delete this comment?
  485. issues.no_content=まだコンテンツがありません
  486. issues.close_issue=閉じる
  487. issues.close_comment_issue=コメントしてクローズ
  488. issues.reopen_issue=Reopen
  489. issues.reopen_comment_issue=コメントと再開
  490. issues.create_comment=コメント 
  491. issues.closed_at=`closed <a id="%[1]s" href="#%[1]s">%[2]s</a>`
  492. issues.reopened_at=`reopened <a id="%[1]s" href="#%[1]s">%[2]s</a>`
  493. issues.commit_ref_at=`referenced this issue from a commit <a id="%[1]s" href="#%[1]s">%[2]s</a>`
  494. issues.poster=ポスター
  495. issues.collaborator=コラボレータ
  496. issues.owner=オーナー
  497. issues.sign_in_require_desc=<a href="%s">Sign in</a> to join this conversation.
  498. issues.edit=編集
  499. issues.cancel=キャンセル
  500. issues.save=保存
  501. issues.label_title=ラベル名
  502. issues.label_color=ラベルの色
  503. issues.label_count=%d ラベル
  504. issues.label_open_issues=%d 未解決の問題
  505. issues.label_edit=編集
  506. issues.label_delete=削除
  507. issues.label_modify=ラベルの変更
  508. issues.label_deletion=ラベルの削除
  509. issues.label_deletion_desc=ラベルを削除すると、関連するすべての問題の情報が削除されます。続行しますか。
  510. issues.label_deletion_success=ラベルは正常に削除されました。
  511. issues.num_participants=%d Participants
  512. issues.attachment.open_tab=`Click to see "%s" in a new tab`
  513. issues.attachment.download=`Click to download "%s"`
  514. pulls.new=新しいプルリクエスト
  515. pulls.compare_changes=変更を比較
  516. pulls.compare_changes_desc=2つのブランチを比較し、プルリクエストを作成します。
  517. pulls.compare_base=ベース
  518. pulls.compare_compare=比較
  519. pulls.filter_branch=フィルターブランチ
  520. pulls.no_results=結果が見つかりませんでした。
  521. pulls.nothing_to_compare=There is nothing to compare because base and head branches are even.
  522. pulls.has_pull_request=`既にプルリクエストがこれらのターゲット間に存在します: <a href="%[1]s/pulls/%[3]d">%[2]s#%[3]d</a>`
  523. pulls.create=プルリクエストを作成します。
  524. pulls.title_desc=wants to merge %[1]d commits from <code>%[2]s</code> into <code>%[3]s</code>
  525. pulls.merged_title_desc=merged %[1]d commits from <code>%[2]s</code> into <code>%[3]s</code> %[4]s
  526. pulls.tab_conversation=会話
  527. pulls.tab_commits=コミット
  528. pulls.tab_files=ファイルが変更された
  529. pulls.reopen_to_merge=Please reopen this pull request to perform merge operation.
  530. pulls.merged=マージされた
  531. pulls.has_merged=このプルプルリクエストは正常にマージされました!
  532. pulls.data_broken=Data of this pull request has been broken due to deletion of fork information.
  533. pulls.is_checking=The conflict checking is still in progress, please refresh page in few moments.
  534. pulls.can_auto_merge_desc=This pull request can be merged automatically.
  535. pulls.cannot_auto_merge_desc=This pull request can't be merged automatically because there are conflicts.
  536. pulls.cannot_auto_merge_helper=競合を解決するためには、手動でマージする必要があります。
  537. pulls.merge_pull_request=プルリクエストをマージします。
  538. pulls.open_unmerged_pull_exists=`You can't perform reopen operation because there is already an open pull request (#%d) from same repository with same merge information and is waiting for merging.`
  539. milestones.new=新しいマイルストーン
  540. milestones.open_tab=%d オープン
  541. milestones.close_tab=%d クローズ
  542. milestones.closed=%s を閉じました
  543. milestones.no_due_date=期限なし
  544. milestones.open=開く
  545. milestones.close=閉じる
  546. milestones.new_subheader=あなたの課題を整理するためマイルス トーンを作成します。
  547. milestones.create=マイルス トーンを作成
  548. milestones.title=タイトル
  549. milestones.desc=説明
  550. milestones.due_date=期日 (オプション)
  551. milestones.clear=消去
  552. milestones.invalid_due_date_format=期限日付のフォーマットが無効、'yyyy-mm-dd' のフォーマットが必要です。
  553. milestones.create_success=マイルス トーン '%s' が正常に作成されました!
  554. milestones.edit=マイルス トーンを編集
  555. milestones.edit_subheader=人々を混乱させないため、マイルス トーンにより良い説明を使用します。
  556. milestones.cancel=キャンセル
  557. milestones.modify=マイルス トーンを変更します。
  558. milestones.edit_success=マイルス トーン '%s' の変更が正常に保存されました。
  559. milestones.deletion=マイルス トーンの削除
  560. milestones.deletion_desc=このマイルス トーンを削除すると、関連課題に該当情報が削除されます。続行しますか。
  561. milestones.deletion_success=マイルス トーンは正常に削除されました。
  562. wiki=Wiki
  563. wiki.welcome=Wiki へようこそ!
  564. wiki.welcome_desc=Wikiとは、あなたのプロジェクトを文書化し、複数人で一緒に編集する場所です。
  565. wiki.create_first_page=最初のページを作成する。
  566. wiki.page=ページ
  567. wiki.filter_page=フィルターページ
  568. wiki.new_page=新しいページを作成
  569. wiki.default_commit_message=このアップデートについてメモを書く(オプション)
  570. wiki.save_page=ページを保存
  571. wiki.last_commit_info=%s このページを編集 %s
  572. wiki.edit_page_button=編集
  573. wiki.new_page_button=新規ページ
  574. wiki.delete_page_button=ページの削除
  575. wiki.delete_page_notice_1=This will delete the page <code>"%s"</code>. Please be certain.
  576. wiki.page_already_exists=既に同じ名前のWiki ページが存在します。
  577. wiki.pages=ページ
  578. wiki.last_updated=最終更新 %s
  579. settings=設定
  580. settings.options=オプション
  581. settings.collaboration=コラボレーション
  582. settings.collaboration.admin=管理
  583. settings.collaboration.write=書込
  584. settings.collaboration.read=読込
  585. settings.collaboration.undefined=Undefined
  586. settings.hooks=Webhooks
  587. settings.githooks=Git のフック
  588. settings.basic_settings=基本設定
  589. settings.mirror_settings=Mirror Settings
  590. settings.sync_mirror=今すぐ同期
  591. settings.mirror_sync_in_progress=Mirror syncing is in progress, please refresh page in about a minute.
  592. settings.site=公式サイト
  593. settings.update_settings=設定の更新
  594. settings.advanced_settings=拡張設定
  595. settings.wiki_desc=Enable wiki system
  596. settings.use_internal_wiki=Use builtin wiki
  597. settings.use_external_wiki=外部 wiki を使用します。
  598. settings.external_wiki_url=外部 Wiki の URL
  599. settings.external_wiki_url_desc=Visitors will be redirected to URL when they click on the tab.
  600. settings.issues_desc=Enable issue tracker
  601. settings.use_internal_issue_tracker=Use builtin lightweight issue tracker
  602. settings.use_external_issue_tracker=外部課題トラッキングシステムを使用
  603. settings.tracker_url_format=外部課題トラッキングツール URLのフォーマット
  604. settings.tracker_issue_style=External Issue Tracker Naming Style:
  605. settings.tracker_issue_style.numeric=数値
  606. settings.tracker_issue_style.alphanumeric=Alphanumeric
  607. settings.tracker_url_format_desc=You can use placeholder <code>{user} {repo} {index}</code> for user name, repository name and issue index.
  608. settings.pulls_desc=Enable pull requests to accept public contributions
  609. settings.danger_zone=危険地帯
  610. settings.new_owner_has_same_repo=新しいオーナーは、既に同じ名前のリポジトリを持っています。
  611. settings.convert=Convert To Regular Repository
  612. settings.convert_desc=You can convert this mirror to a regular repository. This cannot be reversed.
  613. settings.convert_notices_1=- This operation will convert this repository mirror into a regular repository and cannot be undone.
  614. settings.convert_confirm=Confirm Conversion
  615. settings.convert_succeed=Repository has been converted to regular type successfully.
  616. settings.transfer=オーナー移転
  617. settings.transfer_desc=リポジトリをあなたが管理者権限を持っている別のユーザーまた組織に移譲します。
  618. settings.transfer_notices_1=-新しい所有者が個人ユーザーの場合、あなたがアクセスできなくなります。
  619. settings.transfer_notices_2=- You will conserve access if new owner is an organization and if you're one of the owners.
  620. settings.transfer_form_title=操作を確認するために、以下の情報を入力してください。
  621. settings.wiki_delete=Wikiのデータ消去
  622. settings.wiki_delete_desc=Wikiのデータを消去すると元に戻すことは出来ません。よく確認してください。
  623. settings.wiki_delete_notices_1=- This will delete and disable the wiki for %s
  624. settings.wiki_deletion_success=Wikiのデータ消去が完了しました。
  625. settings.delete=このリポジトリを削除
  626. settings.delete_desc=リポジトリを削除すると元に戻せません。確実に確認してください。
  627. settings.delete_notices_1=-この操作は<strong>元に戻せません</strong> 。
  628. settings.delete_notices_2=- This operation will permanently delete the everything of this repository, including Git data, issues, comments and accesses of collaborators.
  629. settings.delete_notices_fork_1=- All forks will become independent after deletion.
  630. settings.deletion_success=Repository has been deleted successfully!
  631. settings.update_settings_success=リポジトリ オプションが更新されました。
  632. settings.transfer_owner=新しいオーナー
  633. settings.make_transfer=転送
  634. settings.transfer_succeed=リポジトリの所有権は正常に転送されました。
  635. settings.confirm_delete=削除を確認
  636. settings.add_collaborator=新しい共同編集者を追加
  637. settings.add_collaborator_success=新しい共同編集者が追加されました。
  638. settings.delete_collaborator=Delete
  639. settings.collaborator_deletion=Collaborator Deletion
  640. settings.collaborator_deletion_desc=This user will no longer have collaboration access to this repository after deletion. Do you want to continue?
  641. settings.remove_collaborator_success=共同編集者が削除されました。
  642. settings.search_user_placeholder=Search users
  643. settings.org_not_allowed_to_be_collaborator=組織を共同編集者として追加することはできません。
  644. settings.user_is_org_member=ユーザーは組織の一員なので、共同編集者として追加することはできません。
  645. settings.add_webhook=Webhook を追加
  646. settings.hooks_desc=Webhooksは、Giteaで特定のイベントの発生時に指定された外部サービスに通知を許可します。イベントが発生すると、それぞれ指定されたUrlに、POSTリクエストが送られます。詳細はこちらのの <a target="_blank" rel="noopener"href="%s"> Webhooks ガイド</a>をご覧ください。
  647. settings.webhook_deletion=Webhook を削除
  648. settings.webhook_deletion_desc=このwebhookを削除すると、すべての情報と配信履歴が削除されます。続行しますか?
  649. settings.webhook_deletion_success=Webhook が正常に削除されました。
  650. settings.webhook.test_delivery=テスト配信
  651. settings.webhook.test_delivery_desc=Send a fake push event delivery to test your webhook settings
  652. settings.webhook.test_delivery_success=Test webhook has been added to delivery queue. It may take few seconds before it shows up in the delivery history.
  653. settings.webhook.request=リクエスト
  654. settings.webhook.response=レスポンス
  655. settings.webhook.headers=ヘッダ
  656. settings.webhook.payload=ペイロード
  657. settings.webhook.body=ボディ
  658. settings.githooks_desc=Git のフックは Git 自体によって提供されています。以下のリストのファイルを編集して、サポートされているフックのカスタム操作を適用することができます。
  659. settings.githook_edit_desc=もしフックがアクティブではない場合は、サンプルコンテンツが表示されます。コンテンツを空白にするにはこのフックを無効にします。
  660. settings.githook_name=フックの名前
  661. settings.githook_content=コンテンツをフック
  662. settings.update_githook=フックを更新
  663. settings.add_webhook_desc=私たちは、指定されたURLに購読されたイベントの詳細を <code>POST</code>リクエストとして送信します。あなたは、異なるデータ受信モード(JSONまたは, <code>x-www-form-urlencoded</code>, <em>その他</em>) を設定することができます。詳細については、<a target="_blank" rel="noopener" href="%s">Webhookガイド</a>を参照してください。
  664. settings.payload_url=ペイロードの URL
  665. settings.content_type=コンテンツ タイプ
  666. settings.secret=秘密
  667. settings.slack_username=ユーザ名
  668. settings.slack_icon_url=アイコン URL
  669. settings.slack_color=カラー
  670. settings.event_desc=どのイベントをこのWEBフックのトリガーにしますか?
  671. settings.event_push_only=<code>push</code> イベントのみ
  672. settings.event_send_everything=<strong>すべて</strong> が必要です。
  673. settings.event_choose=必要なものを選択しましょう。
  674. settings.event_create=Create
  675. settings.event_create_desc=ブランチ、またはタグを作成
  676. settings.event_pull_request=Pull Request
  677. settings.event_pull_request_desc=Pull request opened, closed, reopened, edited, assigned, unassigned, label updated, label cleared, or synchronized.
  678. settings.event_push=プッシュ
  679. settings.event_push_desc=Git リポジトリにプッシュ
  680. settings.active=アクティブ
  681. settings.active_helper=このフックのトリガーが引かれた時に、イベントの詳細を配信します。
  682. settings.add_hook_success=新しい webhook が追加されました。
  683. settings.update_webhook=Webhookを更新
  684. settings.update_hook_success=Webhook を更新しました。
  685. settings.delete_webhook=Webhook を削除
  686. settings.recent_deliveries=最近のデリバリー
  687. settings.hook_type=フックタイプ
  688. settings.add_slack_hook_desc=<a href="%s"> Slack</a> インテグレーションをリポジトリに追加します。
  689. settings.slack_token=トークン
  690. settings.slack_domain=ドメイン
  691. settings.slack_channel=チャンネル
  692. settings.deploy_keys=デプロイキー
  693. settings.add_deploy_key=デプロイキーを追加
  694. settings.deploy_key_desc=個人アカウントのSSHキーとは異なり、デプロイキーは読み取り専用アクセスとなります。
  695. settings.no_deploy_keys=でプロキーは1つも追加されていません。
  696. settings.title=タイトル
  697. settings.deploy_key_content=コンテント
  698. settings.key_been_used=デプロイキーが使用されています。
  699. settings.key_name_used=同じ名前のデプロイキーが既に存在しています。
  700. settings.add_key_success=新しいデプロイキー '%s'が正常に追加されました!
  701. settings.deploy_key_deletion=デプロイキーを削除
  702. settings.deploy_key_deletion_desc=このデプロイキーを削除すると、このリポジトリに関連するすべてのアクセス権も削除されます。続行しますか。
  703. settings.deploy_key_deletion_success=デプロイキーが正常に削除された!
  704. diff.browse_source=ソースを参照
  705. diff.parent=親
  706. diff.commit=コミット
  707. diff.data_not_available=差分データは利用できません。
  708. diff.show_diff_stats=差分情報を表示
  709. diff.show_split_view=分割表示
  710. diff.show_unified_view=Unified View
  711. diff.stats_desc=共有<strong>%d 個のファイルを変更した</strong>、<strong>%d 個の追加</strong> と <strong>%d 個の削除</strong>を含む
  712. diff.bin=BIN
  713. diff.view_file=ファイルの表示
  714. diff.file_suppressed=File diff suppressed because it is too large
  715. diff.too_many_files=Some files were not shown because too many files changed in this diff
  716. release.releases=リリース
  717. release.new_release=新しいリリース
  718. release.draft=ドラフト
  719. release.prerelease=プレリリース
  720. release.stable=安定
  721. release.edit=編集
  722. release.ahead=このリリース以降 %s へ <strong>%d</strong> コミット
  723. release.source_code=ソース コード
  724. release.new_subheader=Publish releases to iterate product.
  725. release.edit_subheader=詳細な変更ログは、ユーザーに何が改善されたかの理解を助けることができます。
  726. release.tag_name=タグ名
  727. release.target=ターゲット
  728. release.tag_helper=既存のタグを選択するか、新しいタグを作成し発行します。
  729. release.title=タイトル
  730. release.content=コンテント
  731. release.write=書込み
  732. release.preview=プレビュー
  733. release.loading=読み込み中…
  734. release.prerelease_desc=これはリリース前のものです
  735. release.prerelease_helper=このリリースは非プロダクション利用として識別します。
  736. release.cancel=キャンセル
  737. release.publish=リリースを発行
  738. release.save_draft=下書きを保存
  739. release.edit_release=リリースを編集
  740. release.delete_release=このリリースを削除
  741. release.deletion=リリースの削除
  742. release.deletion_desc=このリリースを削除すると、対応するGitのタグも削除されます。よろしいですか?
  743. release.deletion_success=リリースが正常に削除されました。
  744. release.tag_name_already_exist=このタグ名には既にリリースが存在します。
  745. release.tag_name_invalid=Tag name is not valid.
  746. release.downloads=Downloads
  747. [org]
  748. org_name_holder=組織名
  749. org_full_name_holder=組織のフルネーム
  750. org_name_helper=偉大な組織の名は短く覚えやすいです。
  751. create_org=組織を作成
  752. repo_updated=最終更新
  753. people=人々
  754. invite_someone=誰かを招待
  755. teams=チーム
  756. lower_members=メンバー
  757. lower_repositories=リポジトリ
  758. create_new_team=新しいチームを作成
  759. org_desc=説明
  760. team_name=チーム名
  761. team_desc=説明
  762. team_name_helper=会話の時、この名前を使用しチーム名を表明します。
  763. team_desc_helper=このチームに関する全ての情報は?
  764. team_permission_desc=このチームに必要な権限レベルは?
  765. form.name_reserved=組織名 '%s' は予約されています。
  766. form.name_pattern_not_allowed=組織名のパターン '%s' は許可されていません。
  767. settings=設定
  768. settings.options=オプション
  769. settings.full_name=フルネーム
  770. settings.website=WEBサイト
  771. settings.location=ロケーション
  772. settings.update_settings=設定の更新
  773. settings.update_setting_success=組織の設定が更新されました。
  774. settings.change_orgname_prompt=This change will affect how links relate to the organization.
  775. settings.update_avatar_success=組織のアバター画像が正常に更新されました。
  776. settings.delete=組織を削除
  777. settings.delete_account=この組織を削除
  778. settings.delete_prompt=この操作をすると組織が完全に削除され、<strong>二度と元に戻すことができなくなります</strong> !
  779. settings.confirm_delete_account=削除を確認
  780. settings.delete_org_title=組織の削除
  781. settings.delete_org_desc=この組織は完全に削除されます、継続しますか?
  782. settings.hooks_desc=この組織のもとで <strong>すべてのリポジトリ</strong> に対してトリガーされる webhook を追加します。
  783. members.membership_visibility=Membership Visibility:
  784. members.public=パブリック
  785. members.public_helper=プライベートにする
  786. members.private=プライベート
  787. members.private_helper=公開する
  788. members.member_role=メンバーの役割:
  789. members.owner=オーナー
  790. members.member=メンバー
  791. members.remove=削除
  792. members.leave=退出
  793. members.invite_desc=%s に新しいメンバーを追加
  794. members.invite_now=今すぐ招待
  795. teams.join=参加
  796. teams.leave=退出
  797. teams.read_access=読み取りアクセス権
  798. teams.read_access_helper=このチームはリポジトリの閲覧とクローンをすることができます。
  799. teams.write_access=書き込みアクセス権
  800. teams.write_access_helper=このチームはリポジトリを読むだけではなく、プッシュすることもできます。
  801. teams.admin_access=管理者のアクセス権
  802. teams.admin_access_helper=このチームはリポジトリにプッシュ/プル、及び他の共同編集者を追加することができます。
  803. teams.no_desc=このチームは説明がありません。
  804. teams.settings=設定
  805. teams.owners_permission_desc=オーナーは<strong>すべてのリポジトリ</strong> へのフルアクセス権、組織の <strong>管理権限</strong>を持ちます。
  806. teams.members=チーム メンバー
  807. teams.update_settings=設定の更新
  808. teams.delete_team=このチームを削除
  809. teams.add_team_member=チーム メンバーを追加
  810. teams.delete_team_title=チームの削除
  811. teams.delete_team_desc=このチームを削除します、継続しますか?このチームのメンバーはいくつかのリポジトリへのアクセスを失う可能性があります。
  812. teams.delete_team_success=指定のチームが正常に削除されました。
  813. teams.read_permission_desc=このチームは<strong>読み取り</strong>権限を持ち: メンバーはリポジトリの表示及びクローンの作成ができます。
  814. teams.write_permission_desc=このチームは<strong>書き込み</strong>権限を持ち: メンバーはリポジトリの表示及リポジトリへのプッシュができます。
  815. teams.admin_permission_desc=このチームは<strong>管理者</strong>の権限を持ち: メンバーはチームのリポジトリに対して、読み取り、プッシュや共同編集者の追加ができます。
  816. teams.repositories=チームのリポジトリ
  817. teams.search_repo_placeholder=リポジトリを検索
  818. teams.add_team_repository=チームのリポジトリを追加
  819. teams.remove_repo=削除(Remove)
  820. teams.add_nonexistent_repo=追加しようとしているリポジトリは存在しません。まずはじめに作成してください。
  821. [admin]
  822. dashboard=ダッシュボード
  823. users=ユーザ
  824. organizations=組織
  825. repositories=リポジトリ
  826. authentication=認証
  827. config=コンフィギュレーション
  828. notices=システム通知
  829. monitor=モニタリング
  830. first_page=First
  831. last_page=Last
  832. total=合計: %d
  833. dashboard.statistic=統計
  834. dashboard.operations=操作
  835. dashboard.system_status=システム モニターのステータス
  836. dashboard.statistic_info=Gitea データベースは <b>%d</b> ユーザ, <b>%d</b> 組織, <b>%d</b> 公開鍵, <b>%d</b> リポジトリ, <b>%d</b> ウォッチ, <b>%d</b> スター, <b>%d</b> 行動, <b>%d</b> アクセス, <b>%d</b> 問題, <b>%d</b> コメント, <b>%d</b> ソーシャルアカウント, <b>%d</b> フォロー, <b>%d</b> ミラー, <b>%d</b> リリース, <b>%d</b> ログイン元, <b>%d</b> webhook, <b>%d</b> マイルストーン, <b>%d</b> ラベル, <b>%d</b> フックタスク, <b>%d</b> チーム, <b>%d</b> アップデートタスク, <b>%d</b> 添付ファイル の情報を持っています。
  837. dashboard.operation_name=操作の名前
  838. dashboard.operation_switch=スイッチ
  839. dashboard.operation_run=実行
  840. dashboard.clean_unbind_oauth=結び付けられていない OAuth をクリーン
  841. dashboard.clean_unbind_oauth_success=結び付けられていない全ての OAuth を正常に削除しました。
  842. dashboard.delete_inactivate_accounts=非アクティブのアカウントをすべて削除
  843. dashboard.delete_inactivate_accounts_success=すべての非アクティブアカウントは正常に削除されました。
  844. dashboard.delete_repo_archives=リポジトリのすべてのアーカイブを削除
  845. dashboard.delete_repo_archives_success=リポジトリのすべてのアーカイブが正常に削除されました。
  846. dashboard.delete_missing_repos=Gitファイルが失われたリポジトリのすべてのレコードを削除
  847. dashboard.delete_missing_repos_success=All repository records that lost Git files have been deleted successfully.
  848. dashboard.git_gc_repos=リポジトリでのガベージコレクションを実行します。
  849. dashboard.git_gc_repos_success=すべてのリポジトリは正常にガベージ コレクションを行いました。
  850. dashboard.resync_all_sshkeys='.ssh/ authorized_keys' ファイルを再生成します。(警告:Giteaキー以外は失われます)
  851. dashboard.resync_all_sshkeys_success=すべての公開鍵が正常に書き換えられました。
  852. dashboard.resync_all_update_hooks=リポジトリの update フックをすべて再更新する(カスタムの設定パスが変更されたときに必要)
  853. dashboard.resync_all_update_hooks_success=リポジトリの update フックがすべて正常に再更新されました。
  854. dashboard.reinit_missing_repos=Reinitialize all repository records that lost Git files
  855. dashboard.reinit_missing_repos_success=All repository records that lost Git files have been reinitialized successfully.
  856. dashboard.server_uptime=サーバーの稼働時間
  857. dashboard.current_goroutine=現在のGoroutine
  858. dashboard.current_memory_usage=現在のメモリ使用量
  859. dashboard.total_memory_allocated=割り当てられたメモリの合計
  860. dashboard.memory_obtained=配分されたメモリ量
  861. dashboard.pointer_lookup_times=ポインタ参照回数
  862. dashboard.memory_allocate_times=メモリ割当回数
  863. dashboard.memory_free_times=メモリ解放回数
  864. dashboard.current_heap_usage=現在のヒープ使用量
  865. dashboard.heap_memory_obtained=配分されたヒープ メモリ量
  866. dashboard.heap_memory_idle=アイドルのヒープ メモリ量
  867. dashboard.heap_memory_in_use=使用中のヒープ メモリ
  868. dashboard.heap_memory_released=ヒープ メモリが解放されました
  869. dashboard.heap_objects=ヒープ オブジェクト
  870. dashboard.bootstrap_stack_usage=ブートストラップスタック使用量
  871. dashboard.stack_memory_obtained=配分されたスタック メモリ量
  872. dashboard.mspan_structures_usage=MSpan 構造体の使用量
  873. dashboard.mspan_structures_obtained=配分されたMSpan 構造体
  874. dashboard.mcache_structures_usage=MCache 構造体の使用量
  875. dashboard.mcache_structures_obtained=分配されたMCache 構造体
  876. dashboard.profiling_bucket_hash_table_obtained=ハッシュテーブル分析に割り当てられたメモリ
  877. dashboard.gc_metadata_obtained=GCメタデータ取得
  878. dashboard.other_system_allocation_obtained=他のシステムに割り当てられたメモリ
  879. dashboard.next_gc_recycle=次回のGCリサイクル
  880. dashboard.last_gc_time=前回GCからの時間
  881. dashboard.total_gc_time=GC一時停止の合計
  882. dashboard.total_gc_pause=GC一時停止の合計
  883. dashboard.last_gc_pause=直近のGC一時停止
  884. dashboard.gc_times=GC実行回数
  885. users.user_manage_panel=ユーザー管理パネル
  886. users.new_account=新規アカウントを作成
  887. users.name=名前
  888. users.activated=アクティブ化
  889. users.admin=アドミン
  890. users.repos=リポジトリ
  891. users.created=作成されました
  892. users.send_register_notify=登録通知をユーザーに送信
  893. users.new_success=新規アカウント '%s' が正常に作成されました。
  894. users.edit=編集
  895. users.auth_source=認証ソース
  896. users.local=ローカル
  897. users.auth_login_name=認証ログイン名
  898. users.password_helper=それをそのまま空のままにします。
  899. users.update_profile_success=アカウントのプロファイルが更新されました。
  900. users.edit_account=アカウントの編集
  901. users.max_repo_creation=Maximum Repository Creation Limit
  902. users.max_repo_creation_desc=(Set -1 to use global default limit)
  903. users.is_activated=アカウントがアクティブされました
  904. users.prohibit_login=This account is prohibited to login
  905. users.is_admin=このアカウントには管理者の権限を持つ
  906. users.allow_git_hook=このアカウントには Git のフックを作成する権限を持つ
  907. users.allow_import_local=This account has permissions to import local repositories
  908. users.update_profile=アカウント ・ プロファイルを更新
  909. users.delete_account=このアカウントを削除
  910. users.still_own_repo=アカウント所有のリポジトリがあり、リポジトリの削除または所有者の移譲が必要です。
  911. users.still_has_org=アカウントはまだ組織のメンバーであり、組織から退出するか削除する必要があります。
  912. users.deletion_success=アカウントが正常に削除されました。
  913. orgs.org_manage_panel=組織の管理パネル
  914. orgs.name=名前
  915. orgs.teams=チーム
  916. orgs.members=メンバー
  917. repos.repo_manage_panel=リポジトリの管理パネル
  918. repos.owner=オーナー
  919. repos.name=名前
  920. repos.private=プライベート
  921. repos.watches=Watches
  922. repos.stars=Stars
  923. repos.issues=課題
  924. auths.auth_manage_panel=認証管理パネル
  925. auths.new=新しいソースを追加
  926. auths.name=名前
  927. auths.type=タイプ
  928. auths.enabled=Enabled
  929. auths.updated=更新しました
  930. auths.auth_type=認証タイプ
  931. auths.auth_name=認証名
  932. auths.security_protocol=Security Protocol
  933. auths.domain=ドメイン
  934. auths.host=ホスト
  935. auths.port=ポート
  936. auths.bind_dn=バインド DN
  937. auths.bind_password=バインド パスワード
  938. auths.bind_password_helper=警告: このパスワードは暗号化されずに格納されます。特権を持つアカウントに使用しないでください。
  939. auths.user_base=ユーザ検索ベース
  940. auths.user_dn=User DN
  941. auths.attribute_username=Username attribute
  942. auths.attribute_username_placeholder=Leave empty to use sign-in form field value for user name.
  943. auths.attribute_name=名前属性
  944. auths.attribute_surname=名字属性
  945. auths.attribute_mail=Eメール属性
  946. auths.attributes_in_bind=Fetch attributes in Bind DN context
  947. auths.filter=User フィルター
  948. auths.admin_filter=Admin フィルター
  949. auths.ms_ad_sa=Ms Ad SA
  950. auths.smtp_auth=SMTP 認証の種類
  951. auths.smtphost=SMTP ホスト
  952. auths.smtpport=SMTP ポート
  953. auths.allowed_domains=許可されているドメイン
  954. auths.allowed_domains_helper=Leave it empty to not restrict any domains. Multiple domains should be separated by comma ','.
  955. auths.enable_tls=TLS 暗号化を有効にする
  956. auths.skip_tls_verify=TLSベリファイを省略
  957. auths.pam_service_name=PAMサービス名
  958. auths.enable_auto_register=自動登録を有効にする
  959. auths.tips=ヒント
  960. auths.edit=認証設定を編集
  961. auths.activated=認証がアクティブされました
  962. auths.new_success=新しい認証 '%s' が正常に追加されました。
  963. auths.update_success=認証の設定が正常に更新されました。
  964. auths.update=認証設定を更新
  965. auths.delete=この認証を削除
  966. auths.delete_auth_title=認証削除
  967. auths.delete_auth_desc=認証を削除します、継続しますか?
  968. auths.still_in_used=This authentication is still used by some users, please delete or convert these users to another login type first.
  969. auths.deletion_success=認証が正常に削除されました。
  970. config.server_config=サーバーの構成
  971. config.app_name=アプリケーション名
  972. config.app_ver=アプリケーションのバージョン
  973. config.app_url=アプリケーションの URL
  974. config.domain=ドメイン
  975. config.offline_mode=オフラインモード
  976. config.disable_router_log=ルーターのログを無効にする
  977. config.run_user=実行ユーザ
  978. config.run_mode=実行モード
  979. config.repo_root_path=リポジトリのルートパス
  980. config.static_file_root_path=静的ファイルのルートパス
  981. config.log_file_root_path=ログ ファイルのルート パス
  982. config.script_type=スクリプトの種類
  983. config.reverse_auth_user=リバース認証ユーザ
  984. config.ssh_config=SSH Configuration
  985. config.ssh_enabled=Enabled
  986. config.ssh_start_builtin_server=Start Builtin Server
  987. config.ssh_domain=Domain
  988. config.ssh_port=Port
  989. config.ssh_listen_port=Listen Port
  990. config.ssh_root_path=Root Path
  991. config.ssh_key_test_path=Key Test Path
  992. config.ssh_keygen_path=Keygen ('ssh-keygen') Path
  993. config.ssh_minimum_key_size_check=Minimum Key Size Check
  994. config.ssh_minimum_key_sizes=Minimum Key Sizes
  995. config.db_config=データベースの構成
  996. config.db_type=タイプ
  997. config.db_host=ホスト
  998. config.db_name=名前
  999. config.db_user=ユーザ
  1000. config.db_ssl_mode=SSL モード
  1001. config.db_ssl_mode_helper=(「postgres」のみ)
  1002. config.db_path=パス
  1003. config.db_path_helper=(for "sqlite3" and "tidb")
  1004. config.service_config=サービスの構成
  1005. config.register_email_confirm=電子メールの確認を必要
  1006. config.disable_register=登録を無効にする
  1007. config.show_registration_button=登録ボタンを表示します。
  1008. config.require_sign_in_view=サインインを要求
  1009. config.mail_notify=メール通知
  1010. config.disable_key_size_check=最小キー サイズ チェックを無効にします
  1011. config.enable_captcha=Captchaを有効にする
  1012. config.active_code_lives=コードリンクの有効期限をアクティブ
  1013. config.reset_password_code_lives=パスワードリンクの有効期限をリセット
  1014. config.webhook_config=Webhook設定
  1015. config.queue_length=キューの長さ
  1016. config.deliver_timeout=送信タイムアウト
  1017. config.skip_tls_verify=TLSの確認を省略
  1018. config.mailer_config=メーラーの構成
  1019. config.mailer_enabled=有効にした
  1020. config.mailer_disable_helo=HELOコマンド無効
  1021. config.mailer_name=名前
  1022. config.mailer_host=ホスト
  1023. config.mailer_user=ユーザ
  1024. config.send_test_mail=Send Test Email
  1025. config.test_mail_failed=Fail to send test email to '%s': %v
  1026. config.test_mail_sent=Test email has been sent to '%s'.
  1027. config.oauth_config=OAuth 構成
  1028. config.oauth_enabled=Enabled
  1029. config.cache_config=キャッシュの構成
  1030. config.cache_adapter=キャッシュ アダプター
  1031. config.cache_interval=キャッシュ間隔
  1032. config.cache_conn=キャッシュ接続
  1033. config.session_config=セッションの構成
  1034. config.session_provider=セッション プロバイダー
  1035. config.provider_config=プロバイダーの構成
  1036. config.cookie_name=クッキーの名前
  1037. config.enable_set_cookie=クッキーの設定を有効にする
  1038. config.gc_interval_time=GC 間隔
  1039. config.session_life_time=セッションのライフタイム
  1040. config.https_only=HTTPS のみ
  1041. config.cookie_life_time=クッキーのライフタイム
  1042. config.picture_config=画像構成
  1043. config.picture_service=画像サービス
  1044. config.disable_gravatar=グラバターを無効にする
  1045. config.enable_federated_avatar=Enable Federated Avatars
  1046. config.git_config=Git Configuration
  1047. config.git_disable_diff_highlight=Disable Diff Syntax Highlight
  1048. config.git_max_diff_lines=Max Diff Lines (for a single file)
  1049. config.git_max_diff_line_characters=Max Diff Characters (for a single line)
  1050. config.git_max_diff_files=Max Diff Files (to be shown)
  1051. config.git_gc_args=GC Arguments
  1052. config.git_migrate_timeout=Migration Timeout
  1053. config.git_mirror_timeout=Mirror Update Timeout
  1054. config.git_clone_timeout=Clone Operation Timeout
  1055. config.git_pull_timeout=Pull Operation Timeout
  1056. config.git_gc_timeout=GC Operation Timeout
  1057. config.log_config=ログの構成
  1058. config.log_mode=ログ モード
  1059. monitor.cron=Cron タスク
  1060. monitor.name=名前
  1061. monitor.schedule=スケジュール
  1062. monitor.next=次回
  1063. monitor.previous=前回
  1064. monitor.execute_times=実行回数
  1065. monitor.process=実行中のプロセス
  1066. monitor.desc=説明
  1067. monitor.start=開始日時
  1068. monitor.execute_time=実行時間:
  1069. notices.system_notice_list=システム通知
  1070. notices.view_detail_header=お知らせの詳細を表示
  1071. notices.actions=アクション
  1072. notices.select_all=全て選択
  1073. notices.deselect_all=すべて選択解除
  1074. notices.inverse_selection=反転
  1075. notices.delete_selected=選択項目を削除
  1076. notices.delete_all=すべての通知を削除
  1077. notices.type=タイプ
  1078. notices.type_1=リポジトリ
  1079. notices.desc=説明
  1080. notices.op=Op。
  1081. notices.delete_success=システム通知が正常に削除されました。
  1082. [action]
  1083. create_repo=がリポジトリ <a href="%s"> %s</a> を作成しました
  1084. rename_repo=<code>%[1]s</code> から <a href="%[2]s">[3]s</a> にリポジトリ名を変更しました
  1085. commit_repo=<a href="%[1]s">%[4]s</a>を<a href="%[1]s/src/%[2]s">%[3]s</a>にプッシュしました
  1086. create_issue=`問題 <a href="%s/issues/%s">%s#%[2]s</a> を開きました`
  1087. close_issue=`closed issue <a href="%s/issues/%s">%s#%[2]s</a>`
  1088. reopen_issue=`reopened issue <a href="%s/issues/%s">%s#%[2]s</a>`
  1089. create_pull_request=`プルリクエスト <a href="%s/pulls/%s"> %s[2]s</a>を作成`
  1090. close_pull_request=`closed pull request <a href="%s/pulls/%s">%s#%[2]s</a>`
  1091. reopen_pull_request=`reopened pull request <a href="%s/pulls/%s">%s#%[2]s</a>`
  1092. comment_issue=`問題 <a href="%s/issues/%s">%s#%[2]s</a> のコメント`
  1093. merge_pull_request=`プルリクエスト <a href="%s/pulls/%s"> %s[2]s</a>をマージしました`
  1094. transfer_repo=リポジトリ <code>%s</code> を <a href="%s">%s</a> へ転送しました
  1095. push_tag=<a href="%[1]s">%[3]s</a> に タグ <a href="%[1]s/src/%[2]s">%[2]s</a> をプッシュしました
  1096. compare_commits=これらの %d コミットの比較を表示
  1097. [tool]
  1098. ago=前
  1099. from_now=今から
  1100. now=今
  1101. 1s=1 秒 %s
  1102. 1m=1 分 %s
  1103. 1h=1 時間 %s
  1104. 1d=1 日 %s
  1105. 1w=1 週間 %s
  1106. 1mon=1 ヶ月 %s
  1107. 1y=1 年間 %s
  1108. seconds=%d 秒 %s
  1109. minutes=%d分%s
  1110. hours=%d 時間 %s
  1111. days=%d 日 %s
  1112. weeks=%d 週間 %s
  1113. months=%d ヶ月 %s
  1114. years=%d 年 %s
  1115. raw_seconds=秒
  1116. raw_minutes=分
  1117. [dropzone]
  1118. default_message=ここにファイルをドロップまたはクリックしてアップロードします。
  1119. invalid_input_type=このタイプのファイルはアップロードできません.
  1120. file_too_big=ファイルのサイズ ({{filesize}} MB) では、最大サイズ ({{maxFilesize}} MB) を超えています。
  1121. remove_file=ファイル削除